福島城
 
別 名
所在地 群馬県高崎市吉井町多胡
築城者 源義賢
築城年 仁平3年(1153)
廃城年 久寿2年(1155)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 高崎市指定史跡
備 考
評 価
土塁
土塁 虎口 空堀
 
 北関東で源氏の郎党からの尊敬を集めた源義賢の居館跡である。義賢は甥にあたる義平の奇襲を受け大蔵館で討死している。多胡館はとてもよく遺構を残している。平安時代末期の館跡が今も残るというのは奇跡に近いが、義賢が死んだあとも多胡氏がここを居館としたので遺構については平安時代そのままというわけではないらしい。
上信電鉄「吉井」下車 徒歩20分
2012/12/17・2017/10/06 日本城郭大系/新人物往来社