別 名
所在地 群馬県甘楽郡甘楽町庭谷
築城者 庭谷左衛門尉
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 赤城神社・農地
遺 構 郭・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定 甘楽町指定史跡
評 価
 戦国時代に庭谷左衛門尉という武士の居城だったという。庭谷氏は国峰城の小幡氏に仕えていたというがその事跡まではわからない。
庭谷城 虎口の土塁と標柱 土塁
 鏑川が洗う断崖上に築かれていた城で間近にまで宅地化が迫っていた。地図にも載らない赤城神社の境内となっているおかげでこれ以上の破壊はなさそうなことが救いだった。空堀は道路となり失われているが土塁が良い状態で残り虎口がそのまま境内の入口となっている。無名の城ではあるが甘楽町の史跡に指定され標柱が設置されていた。土塁を越えて境内の奥まで歩いてみると東が急に落ち込む地形となっていたのが印象的だった。それから再訪はしていないが今では城跡の間近まで住宅地が迫っているようだった。
上毛電鉄「上州新屋」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・庭谷城跡案内板
2007/08/18