別 名
所在地 群馬県富岡市上高尾
築城者 富岡直光
築城年 永享12年(1440
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 永享12年(1440)の結城合戦で敗れた結城持朝の子持光が上州富岡へ逃れた。持光は富岡主税介直光と名乗り富岡城を築いたという。やがて鎌倉公方となった足利成氏が父持氏の旧恩を受けた者たちを重用したため富岡直光も延徳元年(1489)に召還され邑楽郡に所領を得て小泉城を築いている。富岡城がその後どうなったのかは記録がない。
富岡城 虎口 曲輪跡
 友人たちと群馬県富岡市の城館跡を訪ねた。このあたりまで来ればそれほど都市化による浸食はなく山頂や台地上に築かれた城はそれほど破壊されずに残っていたが、高田川に張り出した段丘上に築かれた富岡城は道路建設で地形が大きく変貌していた。何度か発掘調査が行われた後に主要部は破壊されてしまい全体の4割ほどしか残されていない。
 鉄塔が建つ丘の上を歩いてみたが腰郭ぐらいは確認できるものの他は大半が藪と化していた。もっとも中心部は道路となっているので見どころはほとんどなくあまり印象がない。堀切が残っているらしいが藪の奥にあり確認はできなかった。今もなお本当にここが富岡城なのか確信が持てないでいる。
上信電鉄「上州富岡」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2011/12/10