別 名
所在地 群馬県富岡市宮崎
築城者 宮崎和泉守
築城年 天文19年(1550)
廃城年 慶長6年(1601)
現 状 西中学校
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 土豪宮崎氏の居城であったが国峰城主小幡氏の有力支城となり一族が配置されていたが、天正18年(1590)の北条征伐で上杉景勝の軍勢に攻め落とされた。その後は徳川家康の家臣奥平信昌が3万石で入封したが関ヶ原の合戦後に移封され宮崎城は廃城となった。
案内板 空堀 堀切
 高校時代の友人と松井田城へ訪れた帰りに立ち寄った。かなり薄暗くなっていたことと神成城を見る時間を確保するために急ぎ足で見て回っている。西中学校が建てられたときに城跡はほとんど破壊されてしまい遺構は堀跡の畑と校舎西側にある主郭の土塁と堀切ぐらいしかないが、校門前に案内板があり縄張図と発掘当時の写真が掲示されていた。
 西中学校の裏へ続く畦道から神成城への登山道がついている。ここを歩けば残り少ない宮崎城の遺構である堀切を見ることができるし神成城へも迷わずに行けて便利だった。神成城へ向かう道中で暗くなり始めたので途中で引き返したが宮崎城まで戻るともう真っ暗だった。
上信電鉄「神農原」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2010/11/20