別 名
所在地 群馬県富岡市神成
築城者 小幡昌高
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 東に連なる宮崎城の要害城であり国峰城の小幡氏による構築とされる。
一騎駆けの土橋 土橋 土塁
堀切 主郭跡 神成城からの眺望
 西中学校の裏からは神成山へのハイキングコースが続いている。訪問したのが夕方だったのですべてを見て回ることはできなかった。登山道入口から15分程で城域に入る。堀切を通過してしばらく歩くと郭跡が続くが冬でも笹が生い茂っていた。
 尾根を巧みに利用した興味深い縄張りの城だが登山道以外は笹薮に覆われていた。日没との戦いであまりゆっくりと見ていないが主郭の土塁に手作りの案内板があったのが微笑ましい。時間の制約で半分程度しか見られなかったが道中は眺望も利き気持ちの良いハイキングコースだった。僕はこの城の素晴らしさの半分も見ていないと思うのでぜひもう一度訪ねてみたい。
上信電鉄「神農原」下車 徒歩40分
日本城郭大系/新人物往来社
2010/11/20