福島城
 
別 名 鶴巻城
所在地 群馬県安中市原市
築城者 安中忠清
築城年 大永5年(1525)
廃城年
現 状 久昌寺
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 空堀
 
 伝承では大永5年(1525)に安中忠清が榎下城を築いたとされているが、忠清の兄忠親は永正3年(1506)に93歳で亡くなっている。大永5年築城説には矛盾が感じられるので実際に榎下城が築かれたのはもっと前のことと思う。
 国道18号線を安中市街から松井田方面へ向かう途中で原市の交差点を北へ入る。真っ直ぐ進むと久昌寺があり境内を中心とした台地が榎下城である。久昌寺の入口には榎下城の案内板があったが二度目に来たときにはなくなっていた。真夏に来たときには遺構はすっきりとして見えたが、真冬の再訪では藪に覆われていた。本堂裏に土塁と空堀が残るが北側を除けばかなり失われている。
JR信越本線「磯部」下車 徒歩40分
2007/08/18・2016/11/25 群馬の古城/あかぎ出版
日本城郭大系/新人物往来社