福島城
 
別 名 小幡陣屋
所在地 群馬県甘楽郡甘楽町小幡
築城者 織田信昌
築城年 寛永19年(1642)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 楽山園
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
楽山園
 
 高校時代の友人と甘楽郡から安中市までの城館探訪を楽しんだときに訪れたのが小幡城だった。雨が降っていたのと後閑城や内匠城を見たかったこともあり小幡城での滞在時間は短かった。雨に濡れた城下町もしっとりとして良いものだったが肝心の小幡城は印象にない。
 織田信雄が初代藩主だと思っていたが徳川家康が関東入国したときに奥平信昌が入封している。もっとも信昌は宮崎城を居城としている。水野氏と永井氏の治世を経て織田信雄が登場する。小幡に陣屋を築くまで信雄はどこを居城としていたのかがわからない。小幡城は小幡氏の重臣熊井戸氏の屋敷跡という。庭園は数寄者だった信雄の趣味と思うのでここに屋敷を置いていたのだろうと思う。
上新電鉄「上州福島」下車 上信ハイヤー「那須」行で「城町」下車 徒歩10分
2007/08/18 城郭と城下町/小学館
日本城郭大系/新人物往来社