別 名
所在地 群馬県高崎市保渡田町
築城者 内藤昌豊
築城年 永禄9年(1566)
廃城年 天正17年(1589)
現 状 宅地・農地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 永禄9年(1566)に箕輪城を攻め落とした武田信玄は内藤昌豊を城代に据えたが昌豊は新たな支配拠点として保渡田城を築いた。長篠の戦いで昌豊が討死すると昌月が後継者となり武田氏滅亡後は北条氏に仕えている。天正17年(1589)に内藤昌明が城主のときに中川武蔵守の攻められて落城したという。
土塁 土塁 土塁
 群馬郡の城館探訪をしたのは春の日だった。多くの町村が合併して消滅しているのは寂しく思う。このあたりは古墳が多く太古の昔から人々の営みがあったことがわかる。実際に保渡田城も古墳を櫓台として利用している。戦国時代を迎えた群馬県は旧権威の関東管領上杉氏が衰退の一途をたどり強大な勢力が誕生しなかったこともあり村落ごとの小さな勢力が割拠していたために今も集落ごとに領主の城館が残っている。やがて他国からの外敵が国土を蹂躙していくことになるが保渡田城も箕輪城の長野氏を滅ぼした武田氏によって占領地の経営拠点として築かれた城である。
 はにわの里公園の北西に保渡田城はあるが破壊が著しく古墳を利用した櫓台や土塁の一部しか残っていない。天子塚古墳と公民館のある場所が主郭で南にある畑に土塁が残っている。箕輪城と並び武田信玄の重臣内藤昌豊が上野国支配の拠点とした城だが今ではとても残念な有り様で武田氏全盛の栄耀栄華を思い浮かべるのは困難だった。なお自分が訪れたときにはなかった案内板が今は設置されている。
JR上越北陸新幹線・高崎線・信越本線「高崎」下車 群馬バス「榛東村役場」行き「上郊小学校前」下車 徒歩15分
群馬町誌・日本城郭大系/新人物往来社
2013/04/21