福島城
 
別 名
所在地 群馬県富岡市下黒岩
築城者 小野氏
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
二の郭 土塁
遠景 虎口 主郭
二の郭 土塁 堀切 堀切
 
 鎌倉時代に築かれたという伝承があるのみで詳細はわからない。このあたりは鏑川を挟んで勢力の境界があったと考えられるが、高林城のある場所は一種の緩衝地帯のように思える。ここより南は国峰城主の小幡氏の勢力下で鏑川の北岸にも小幡氏の支城が存在している。北は安中氏の勢力範囲だが戦国時代半ばには武田氏が蹂躪している。
 黒岩小学校の裏山にある墓地から登った。20分ほどで城跡へ着く。地元の小学生が作った道標に助けられたが、城跡に置かれていた縄張図はとても重宝した。山道は危険個所もなく熊もいないが猪がいるので注意したほうがいい。主郭には小さな祠がぽつんと建っていた。西縁に土塁が見られる程度で面白味は感じない。小さな城なのでこんなものかと斜面を下りると二の郭へと出たが、ここに見事な土塁が残り感激した。土塁を乗り越えると立派な堀切が残っている。堀切から藪を掻き分けて斜面を歩くと再び堀切が現れて最初に着いた虎口へ戻った。南へ続く尾根上にも物見台らしき平坦地がある。地元から大切にされている里山といった感じがしてとても好感の持てる城跡だった。
上信電鉄「上州富岡」下車 富岡市バス「黒岩公民館」行で終点下車 徒歩20分
2012/12/17・2013/01/02 富岡市史