福島城
 
別 名
所在地 群馬県富岡市上丹生
築城者 岩松満長
築城年 応永32年(1425)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
堀底道
遠景 堀切 大手 虎口
主郭 虎口 井戸 主郭 堀切
土橋 堀切
 
 かなり不便な場所にあるが素晴らしい遺構が残る山城だった。苦労してでも訪れる値打ちのある城だと思う。図面を見ると人の手の骨格のようなかたちをしている。枝分かれする尾根を巧みに利用して郭を配置し東南に伸びる尾根に続く堀底道も圧巻だった。
 主郭の土塁と虎口がはっきりと残り、虎口の脇には巨石を用いた井戸がある。堀底道を歩くのが楽しくてどこまでも続くような錯覚に陥った。新田氏系の城で本拠地である太田市や高崎市からはかなり離れている。やはり群馬県は新田氏の地盤であることを再認識させられた。
上信電鉄「上州一ノ宮」下車 徒歩1時間30分
2011/12/10 富岡市史
日本城郭大系/新人物往来社