別 名 新堀城
所在地 群馬県高崎市吉井町多比良
築城者 多比良友定
築城年 天文年間(1532〜55)
廃城年 永禄6年(1563)
現 状 農地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 高崎市指定史跡
評 価
 戦国時代に築かれた多比良氏の居城である。永禄6年(1563)に武田氏の攻撃により落城し多比良友定は自刃し城内にいた婦女子の多くが崖端から身を投げて死んだという逸話が残っている。
標柱と案内板 空堀 空堀
空堀 腰曲輪 主郭跡
 普賢寺を目印として訪れたが城跡の入口に石碑と案内板があったので場所はすぐにわかった。郭も空堀もすべて畑になっているが真冬に訪れたときはそのかたちがよくわかった。農家の人と話したときに空堀はほとんど埋めてしまったと聞いた。日当たりの良い高台で最初から平らな土地に均されているのだから農地として利用しない手はない地形である。堀を埋めるのも仕方がないことだが郭のかたちはとてもよく残っている。
上信電鉄「吉井」下車 コミュニティバス多比良・小串線で「多比良」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社
2007/08/18・2012/12/17