福島城
 
別 名 木部城
所在地 群馬県高崎市木部町
築城者 木部氏
築城年 室町時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 心洞寺
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
 
 上越新幹線の高架橋下にある心洞寺が木部氏の館跡で境内には木部氏の墓所があり今も土塁が残っている。堀はほとんど痕跡を留めていおらず門前の幾分低くなった畑だけがわずかに雰囲気を伝えるだけだった。木部氏は源範頼の孫吉見義世の後裔と称し戦国時代に木部範虎を輩出している。範虎は長野氏に忠節を尽くしたが武田氏の攻撃により主家は滅んだ。武田信玄に召し出された範虎はその配下として活躍している。外様だが落日の武田勝頼に従い天目山の戦いで運命を共にした。
JR高崎線「倉賀野」下車 市内循環バス「木部」下車 徒歩10分
2003/06/27・2013/3/06 日本城郭大系/新人物往来社