福島城
 
別 名
所在地 群馬県高崎市並榎町
築城者 飯塚忠則
築城年 永禄年間(1558〜69)
廃城年
現 状 常仙寺
遺 構 堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
堀切
 
 砦跡にある常仙寺は江戸時代初期にこの土地で水運業をしていた飯塚常仙の開基という。この砦は飯塚氏の築城というから常仙はその末裔ということだろう。小高い丘の上にあり思ったより眺望の利く場所だった。遺構は常仙寺の東側に堀切が残る程度である。写真の真ん中から少し左に天守が写っているが、付近の民家内に高崎城の御三階櫓を模した建物が建っていた。近くで見たがかなり精巧な出来栄えだった。
JR信越本線「北高崎」下車 徒歩25分
2015/01/13 高崎市史