別 名
所在地 群馬県館林市花山町
築城者 赤井照光
築城年 文明年間(1469〜86)
廃城年 弘治2年(1556)
現 状 宅地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 大袋城主赤井照光は村の子どもたちに捕えられた狐の子を助けた。ある日の夜に霊狐が礼を言いにやって来て新たな城を築くことを照光に勧め尾で縄張りを描いて見せたという。照光は狐の導きに従い大袋城の対岸に浮かぶ沼に囲まれた要害の地に館林城を築き居城とした。そんな言い伝えがこの地域には残っている。
 館林城から城沼を挟んだ対岸にはその前身とも言える大袋城があった。当時は城沼に突き出した半島状の地形だったが今はかなり地形が変化している。今も土塁と空堀が残るらしいが住宅地の中を探してみても遺構を見つけることができなかった。
東武伊勢崎線「館林」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・群馬の古城/あかぎ出版
2006/11/03