福島城
 
別 名
所在地 群馬県高崎市宿大類町
築城者 大類氏
築城年
廃城年
現 状 宅地・農地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁と空堀
石碑 空堀 土塁と空堀
 
 元々は大類氏の居城があったのだろう。永禄3年(1560)の関東幕注文にも大類氏の名が見られるので上杉謙信が関東へなだれ込んだときに大類氏も従っていたことは確からしい。城跡は農地化で部分的に遺構が見られる程度だった。本丸跡には石碑が建ち案内板も設置されているので無名の城館としては破格の扱いを受けている。断片的に残る遺構は明確な土塁と空堀も見受けられて散策する楽しみがあった。
JR新幹線・高崎線・信越本線・上越線・八高線・上信電鉄「高崎」下車
群馬中央バス「県立女子大学」行で「柳原」下車 徒歩15分
2013/04/21 高崎市史
日本城郭大系/新人物往来社