別 名
所在地 群馬県桐生市梅田町
築城者 桐生氏
築城年 平安時代末期
廃城年 観応元年(1350)
現 状 薬師堂
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 桐生市指定史跡
評 価
 藤姓足利氏の棟梁足利俊綱の郎党桐生六郎の居館だったとされている。寿永2年(1183)の野木宮合戦で源頼朝に味方した小山朝政に敗れた足利忠綱は桐生六郎のみを従えて上州に潜伏したが、六郎は頼朝の側近和田義茂に通じて俊綱を斬り首を持参して頼朝の幕下に加えてほしいと願ったが、頼朝は六郎の不忠をなじり斬罪に処している。頼朝の怒りは六郎ただ一人に向けられ残った桐生氏や藤姓足利氏の残党に対しては寛大な処置をしている。
土塁 空堀 土塁と空堀
 五覧田城に登ったあとは桐生市街の城館を訪ね歩いた。桐生城に登ったあとも幹線道路沿いにある城館があれば訪ねてみようということになり途中で立ち寄ったのが梅原館だった。ここへ来るまではこの館跡のことを知らなかったが薬師堂の境内に案内板があった。
 薬師堂の北側にある土塁と堀がよく残っていた。まだ草が枯れる時期には少し早かったが土塁の形状はよくわかった。意外と長く残っており隅部の状態もなかなか良い。これらの遺構がとても平安時代まで遡るとは思えず桐生六郎が殺されたあとも一族の居館として使い続けられたのだろうと思う。
JR両毛線・わたらせ渓谷鉄道「桐生」下車 
おりひめバス「梅田ふるさとセンター前」行で「梅田1丁目」下車 徒歩10分
梅原館跡案内板
2014/10/26