別 名
所在地 群馬県桐生市新里町山上
築城者 山上高綱
築城年 応永年間(1394〜1428)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山上城址公園
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 群馬県指定史跡
評 価
 山上城は戦国時代に上杉謙信が越後から関東へ入ると兵馬を休ませる宿営地としたことで知られているが、伝承では平安時代末期に藤姓足利氏によって築かれたという。足利俊綱の弟高綱が山上氏と名乗り源頼朝の挙兵に敵対して敗れた足利忠綱が逃亡したときに山上城で潜伏したという言い伝えが残っている。弘治元年(1555)に北条氏綱が山上城を攻め落とし山上氏秀は下野へ追われたが、関東へ攻め込んだ上杉謙信により奪取され度々越後勢による支配を受けている。
山上城 南曲輪跡 横堀
三の丸跡 二の丸跡の堀切 二の丸跡の土塁
二の丸跡 本丸跡 本丸跡の土塁
 上毛電鉄沿線は素晴らしい城郭の宝庫であり一時期に何度も出かけたものだった。まだ行きたい城があるが最後に訪れてからはずいぶんと歳月が流れてしまっている。山上城は膳城から近いので徒歩で移動して訪れたが美しい城跡公園だったと記憶している。過剰な整備はされず中世城郭の遺構を残しつつも家族連れが休日を過ごせるような公園に仕上がっており文化財保護の好例と思った。
 遠目に見ても縄張を確認しても南北に細長い軍艦のようなかたちをしており主郭と二の郭は艦橋といった感じがした。三の郭は広々とした芝生の広場となり1月ということもあって凧揚げをしている親子連れが多かった。楽しそうに過ごす人たちを横目にしながら自分は人がいない横堀の中をぐるりと歩いている。堀切がとても綺麗に残ることに感嘆しつつ二の郭から主郭へと歩いていった。特に主郭と北郭を隔てる堀切が見事で草も枯れているおかげで存分に遺構を楽しむことができた。
上毛電鉄「膳」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・山上城跡案内板
2008/01/14