別 名
所在地 群馬県太田市新田反町町
築城者 新田義貞
築城年 鎌倉時代末期
廃城年 天正18年(1590)
現 状 照明寺
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 照明寺の境内が新田義貞が築いた方形館の区画とされる。義貞の居館と伝わる場所はいくつかあるがその成長の過程で館が構えられたと考えれば複数の館が存在していてもおかしくはない。義貞が各地を転戦している間は鎌倉攻めで戦死した大舘宗氏の子氏明が反町館を守っていたと伝わっている。戦国時代に副郭を備えた平城として拡張されて由良氏の居城である金山城の支城として矢内氏が守ったが、天正12年(1584)に金山城へ迫った北条氏邦に接収されてその本陣が据えられた。
石碑 土塁 土塁
土塁 水堀 水堀
 新田義貞の居館と伝わる反町館だが今ひとつ味気なかった。館跡には反町薬師の照明寺が建っている。当時は幾重にも廻らされた水堀に囲まれた水郷のような城だったはずだがどうしても武士の居館という風景には見えなかった。
 土塁は立派だし広々とした水堀も見事だが鯉が優雅に泳ぐ水堀は公園や庭園のそれにしか見えなかった。この日は静かな曇り空で余計に物静かに感じられたのかもしれない。自分にとっての義貞の夢の跡はそんな場所という印象しか残っていない。
東武伊勢崎線「木崎」下車 徒歩45分
日本城郭大系/新人物往来社
2009/09/21