福島城
 
別 名 御幣山
所在地 群馬県佐波郡玉村町角渕
築城者 滝川一益
築城年 天正10年(1582)
廃城年
現 状 軍配山古墳
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
軍配山古墳
 
 玉村町の城館跡を2回に分けて訪問したのは2010年のことだった。玉村町には環濠屋敷を中心とした多数の城館跡があるが、2度の訪問でそのほとんどを訪ねている。そのときに通りがかったのが軍配山古墳だった。
 事実上の関東管領として勇躍乗り込んできた滝川一益だが、わずか半年足らずで織田信長が本能寺で斃れ、合戦支度も覚束ないまま北条氏に追尾され神流川で戦った。一益が本陣を布いたのが御幣山古墳であり、大将が采配を振るったことから軍配山と呼ばれるようになった。
JR高崎線「新町」下車 永井バス「前橋公園」行で「上之手」下車 徒歩40分
2010/05/04 軍配山古墳案内板