福島城
 
別 名
所在地 群馬県佐波郡玉村町上之手
築城者 原七右衛門
築城年 天正10年(1582)
廃城年
現 状 観音堂
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
観音堂
 
 原屋敷があった観音堂を訪ねると原一族の墓碑が並んでいた。原氏の歴史を刻んだ石碑があったので目を通すと、ここに屋敷を構えた原七右衛門は原大隈守胤吉の末子であることがわかった。原大隅守と言えば武田信玄の重臣として活躍し、川中島の戦いでは信玄の本陣に斬り込みをかけた上杉謙信の馬に槍を入れて危急を救った人物である。まさかこんなところで原大隅守の子孫と出会うとは思わなかった。遺構はすでに失われてしまっているが、昭和40年代までは武士の屋敷跡らしい風情が残っていたらしい。遺構はなくとも内容のある碑文を見ることができて満足だった。
JR高崎線「新町」下車 永井バス「前橋公園」行で「上之手」下車 徒歩20分
2010/05/04 玉村町の環濠屋敷と城館/玉村町歴史資料館