福島城
 
別 名
所在地 群馬県佐波郡玉村町下茂木
築城者 斎藤甚五兵衛
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 法蓮寺・宅地
遺 構 土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
 
 金窪城主斎藤氏に関連する屋敷跡という。神流川の戦いでもここから一騎、二騎と武士が駆け出していったのだろう。そんなことを考えながら下茂木屋敷跡を歩いた。堀跡は用水路となっているが法蓮寺には土塁が残っていた。のんびりとした地方の住宅地という風景にしか見えないが地図で見るといかにも環濠集落らしい地割が残っていることに後で気づいた。
JR高崎線「新町」下車 永井バス「前橋公園」行で「上之手」下車 徒歩40分
2010/05/04 玉村町の環濠屋敷と城館/玉村町歴史資料館