別 名
所在地 群馬県佐波郡玉村町八幡原
築城者 川端玄蕃
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地・農地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 戦国時代に川端玄蕃が拠った城という。八幡原城の東にも中世城館跡とされる場所があるが同一の城ではないかと思う。
八幡原城 堀切 曲輪跡
 玉村町の城館はそのほとんどが環濠屋敷から成り立っているが、八幡原城は烏川に面した河岸段丘上にあり地形はよく残っており遺構も散見される。
JR高崎線「新町」下車 市内循環バス「高崎駅西口」行で「砂原」下車 徒歩20分
玉村町の環濠屋敷と城館/玉村町歴史資料館
2010/05/04