福島城
 
別 名 南雲御殿
所在地 群馬県渋川市赤城町長井小川田
築城者 上杉謙信
築城年 永禄年間(1558〜70)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 横堀
二の郭 馬出と土橋 馬出と主郭
主郭 笹郭 眺望
 
 友人の誘いで久しぶりに群馬県北部の城館探訪をした。夜明け前の4時半過ぎに待ち合わせたので8時半に最初の目標となった棚下砦へ着いている。それほど冷え込みも強くはなく絶好の城廻り日和となったのは幸いだった。
 棚下砦は上杉謙信が築いたとされているが確証はない。真田昌幸と北条氏が争った時代に築かれた砦と思うが、歴史については歴史考証を専門とする人たちに委ねたいと思う。砦というより城と呼んで差し支えないほど見事な遺構を残している。特に主郭を廻るは横堀は三日月堀と呼べるほどの規模と形状を持っている。以前からこの遺構を見てみたいと思っていたので感無量だった。林道の建設で尾根の根元にある堀切が破壊されてしまっているのは残念だが、そこから先の遺構は完全に残されている。少し場所がわかりづらいために訪れる人が少ないようだが、車を利用すれば簡単に行くことができる。特に整備されていることはないが標柱が設置されており藪も少ないので見応えは十分だった。
JR上越線「津久田」下車 徒歩1時間
2018/11/26 日本城郭大系/新人物往来社