福島城
 
別 名 猫山城・根古城
所在地 群馬県渋川市赤城町敷島
築城者 都丸氏
築城年 天文年間(1532〜55)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
堀切
遠景 二の郭 二の郭 堀切
主郭 主郭 標柱 西郭 土塁
 
 赤城郵便局の脇から十二宮神社へ続く林道を登り関越自動車道が近づいたあたりから猫城へと続く尾根への入口がある。ここから歩けば城跡までは5分ほどで着いた。猫という可愛らしい名前だが実際には熊の心配をしたほうが良さそうな人の来ない山である。尾根への入口は背の高い雑草が茂っていたが、尾根へ出てしまえば思ったより快適に歩くことができた。
 やや低い郭に本丸跡の標柱が建っているので最高所の郭を二の郭としておく。櫓台というよりも古墳のような塚があり、埋もれかけた堀切が見られる。この年の台風で各地の山が大きな被害を受けたが猫城にも倒木が目立つ。歩けないほどではないので下っていくと主郭へ着く。二の郭と同じような感じだが、さらに尾根を下ると堀切を経て土塁が残る郭があった。
 猫城は白井長尾氏に属した土豪都丸氏が在城したようで今も城山の所有者は都丸氏だった。加沢記によれば天正10年(1582)に白井長尾氏の家臣牧和泉守が猫城に拠り真田氏一門の矢沢頼綱が差し向けた軍勢を撃退したとされている。さして要害とも思えない猫城が合戦上手の真田勢をどう迎え撃ったかはわからないし、加沢記の記述がどこまで真実を伝えているかはわからないが、猫城とその根古屋と考えられる猫寄居を含めた一帯を要害として捉えれば良いのではないかと思う。
上越線「敷島」下車 徒歩40分
2018/11/26 日本城郭大系/新人物往来社
文化財関係資料集/赤城村教育委員会
熊出没注意