福島城
 
別 名
所在地 群馬県吾妻郡高山村尻高
築城者 尻高重儀
築城年 応永8年(1401)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 高山村指定史跡
備 考
評 価
主郭 堀切
遠景 南尾根 堀切 南尾根 郭
南尾根 郭 主郭 二の郭
 
 尻高城は登り応えのある山城と聞かされていた。明確な堀切が2本で土塁は見られない簡素な山城だが、辺境の地にある山城というのは厳かな気持ちにさせてくれる。一度は訪れてみたいと思っていた城だった。
 居館が置かれた並木城を見たあと道標に従い登山道へと向かった。曲がり角を折れると石碑と案内板がある。簡略な案内図があるのでそれを頭に叩き込み細い山道を登っていった。この夏の台風は容赦なくこの山も襲ったようで倒木が多い。これは尻高城に限らずこの年の秋以降に登った山城に共通して言えることだった。
 南へ伸びる尾根上にも遺構が残っている。鞍部を越えて少し登ると明確な堀切があった。それからしばらくは細い尾根上に並ぶ郭を見ながら進んでいく。そして眼前に立ちはだかるのは急傾斜だった。親切なことにロープが張られているのでそれに頼りながら登る。急斜面が長く続くためにロープに掴まりながら登る時間が長くなるので手袋が必須となる。砂礫と落ち葉に足を取られつつ登り終えると石宮があった。ここが主郭かと思ったがもう少し先だった。主郭もそれほど広さはなく風除けの土塁もないので有事のときにしか利用されていないことがわかる。主郭と二の郭を隔てる堀切は見事なものだった。二の郭にはぽつんぽつんと石宮が並んでいる。何となく荘厳な風景だった。尾根の南側はそうでもないが北側は断崖絶壁で滑落したら命を失うことだろう。恐る恐る覗いてみたがあまり近づかないほうが良いと思う。事前の情報通り古さを感じさせる山城だったが、切り立つような峻険な地形に守られていたことでこれ以上の普請は必要としなかったのだろう。山頂で握り飯を2つ食べて昼食とした後は枯葉に気を払いつつロープに身を委ねて下山した。
JR吾妻線「中之条」下車 たかやまバス「中山本宿」行で「戸室」下車 徒歩1時間20分
2018/12/10 日本城郭大系/新人物往来社
熊出没注意