福島城
 
別 名
所在地 群馬県安中市松井田町新堀
築城者 大道寺政繁
築城年 天正10年(1582)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 補陀寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
補陀寺
 
 8年ぶりに松井田城へ訪れてみたくなった。真冬の晴天に恵まれたこともあり松井田城と周辺の支城をじっくりと歩くことができた。最初に訪れたのは北条氏の重臣で松井田城代を務めた大道寺政繁の居館跡である。補陀寺がその跡で北条氏が松井田城を接収したあとに大道寺氏が改修を行い居館を構えたことから補陀寺曲輪とも呼ばれている。
 西松井田駅の跨線橋から見る風景は感動的だった。雲ひとつなく突き抜けるような青空が広がっている。妙義山の威容とすっかり冠雪した浅間山が美しい。目指す松井田城の山並みも稜線が青い空に映えていた。駅から歩いて10分足らずで補陀寺に着き境内を散策した。大道寺政繁の墓所があるが補陀寺の墓地は広く政繁の墓所を探すのは時間がかかるのでやめた。本堂の裏に松井田城から伸びる尾根の先端があり平坦な郭と形成しているのが遠目にもわかった。山門を出ると政繁の墓所があることを示す石碑があったので、それを撮影して次の目的地となる松井田西城へ登ることにした。
JR信越本線「西松井田」下車 徒歩10分
2018/12/25 日本城郭大系/新人物往来社