実城の主郭跡
所在地 新潟県南魚沼市坂戸
遺構 郭・土塁・堀切・石垣
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
鎌倉時代 新田氏が築く
文和年間(1352〜55) 上田長尾氏の居城となる
天文20年(1551) 長尾政景、長尾景虎(上杉謙信)に従属する
永禄7年(1564) 長尾政景、坂戸城下で溺死
天正6年(1578) 御館の乱で上杉景虎の援軍北条氏照らが景勝方お坂戸城を攻めるが失敗に終わる
乱の集結後、上杉景勝が家督を継承すると直江兼続が坂戸城主となる
慶長3年(1598) 上杉景勝が会津に移封となり代わって堀秀治の家臣堀直寄が坂戸城主となる
慶長15年(1610) 堀直寄、信濃飯山へ転封となり坂戸城は廃城となる
 
参考 中世城郭事典/新人物往来社・上杉謙信ゆかりの地を訪ねて/新潟日報事業社
 
 
鳥坂神社から登山道があるがルートは複数ある
薬師尾根がいちばんわかりやすい道らしい
それほど急傾斜ではないがとにかく長い道のりだ
激しい雨は山頂付近では雪混じりとなった
そのため大城と小城のある尾根や
道が崩落していた北尾根の先端までは行っていない
早い話が実城と呼ばれる中心部だけを見てきたが
巨大な堀切や土塁があるわけでもなく
山城部分の石積みは微々たるものだった
とにかく達成感だけは十二分に味わうことができたし
前々から登りたい城跡だったので満足
 
坂戸城跡 水堀 家臣屋敷跡
御館跡の石垣 南東の支尾根 南東尾根の小城と大城
南東尾根の堀切 南東尾根の堀切 実城南側の郭
実城北側の郭 実城跡の石垣 城跡からの眺望
 
 通算2000城達成まであと4城と迫った。というか節目の城は坂戸城にしようと決めていた。残り10城ぐらいになって数合わせのために群馬県安中市の城跡探訪をした。記念の数字を坂戸城にしなくてはならないので近くに城館跡があっても気づかないふりをして通過したり、訪問したことのある城跡に立ち寄って時間を潰したりしていた。遠い昔に阪神のエース江夏豊投手が節目の奪三振記録を巨人の王選手から奪うために逆算の投球をしたというのを本で読んだことがある。投手の高橋一三から三振を奪わないように細心の注意を払って投げたそうだ。そんなことを思い出した。
 満を持して一泊二日で六日町へ乗り込んだ。天気予報はいつものように雨だったが越後湯沢に着いたときは青空が顔を見せていた。初日に六万騎城と大崎城に登り、歩いて坂戸城の麓まで来たときに雨が降り始めた。翌日の天気予報は曇りのち晴れだったので、この日はここで終了し宿へ。
 明くる朝、窓を開けるとざんざん降りだった。こんなことってあるかい。せっかくの記念日なのに。ここまで来て諦めるわけにもいかない。仕方なく麓の居館跡から歩き始める。石垣を見てもう帰っちゃおうか、とりあえず訪問したことにしようかとも思ったが、己の意志とは裏腹に足が勝手に登山道へと進んでゆく。比高差600mの山城を悪天候の中で登るのは嫌だ。眺望も楽しめないし堀切に下りることもままならない。それでも本能的に薬師尾根の登山道を登る自分がいる。
 雨は時折強くなり、5合目あたりで雪が混じる。弱気になったときは岩に腰を下ろして一服し、自分を奮い立たせてまた登る。そんなことの繰り返しで7合目まで来た。ここまで来たから十分登ったことにはなると思ったが、さすがに7合目を過ぎると山頂を目指すことしか考えなかった。
 休み休みでも60分程で山頂へ着いた。麓の案内板では80分と書かれていたから意外と早く到達したものだ。岩場を登ると実城が姿を現す。地形の要害性を軸とした戦国時代の城だからあまり技巧的な感じはないが、荒々しさは十分だった。雪混じりの山頂は寒かったが、寒さを忘れるぐらいの感動はあった。霧も濃かったので大城や小城の尾根には行かず、主水郭への道筋も崩落個所があるため訪れていない。霧の立ち込める尾根と雨に煙る六日町の街並みはとても幻想的だ。鮮やかな色合いがなくモノクロームの風景が広がるようだった。もう一度来るかと言われれば躊躇してしまうが、坂戸城の厳かな雰囲気はとても印象深い。
2016/12/02
 
公共交通機関 地図リンク
JR上越線「六日町」下車
登山道入口までは徒歩20分
城跡までは徒歩60分程度
特記事項