六万寺城
 
 
連続堀切
所在地 新潟県南魚沼市麓
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 
天文年間(1532〜55) 上田長尾氏の家臣福島政為が居城
永正7年(1510) 関東管領上杉顕定が反乱を起こした長尾為景と六万騎城下で戦い討死
天正6年(1578) 御館の乱集結後、直江兼続の家臣水沢彦右衛門が六万騎城主となる
慶長3年(1598) 上杉景勝の会津移封で廃城
 
参考 上杉謙信ゆかりの地を訪ねて/新潟日報事業社・六万騎城跡案内板
 
 
上越線の五日町駅から魚野川を渡り真っ直ぐ歩く
突き当りの地蔵尊に登山道入口と案内板がある
六万騎城の中心部までは20分程度だった
正面から見る印象と違い奥行きのある山城で
主郭跡の向こう側にごっつい堀切があって楽しかった
東西に伸びる尾根は一本道なので迷うことはないが
一部、細い場所があり斜面も切り立っているので注意
北側から眺めると郭や堀切のシルエットが浮かび上がり
この城のかたちがよく掴めて面白かった
 
六万騎城跡 登山道入口 登山道
腰郭 西郭の虎口 西郭の土壇
尾根上の連続堀切 二の郭跡 主郭跡
主郭跡背後の大堀切 城跡から坂戸城を見る 管領塚
 
 一泊二日の六日町旅行の第一弾は六万騎城を選んだ。駅から近いのと名前がかっこいいという単純な理由だ。事前情報があまりなかったが、行けばわかるさと五日町駅から六万騎城まで歩いた。城跡の案内板もあり登山道も整備されている。真冬の雪国だから下草も少なくストレスもない。
 最初の郭までは10分ぐらいで着いた。比較的大きな西の郭には櫓台が残っている。斜面に樹木が生えているからわからないが細尾根の両側は垂直に近い角度で切り立っている。攻める側は一列縦隊でこの尾根と堀切を越さねばならないから厄介なものだ。主郭跡からの景色はとても綺麗だ。坂戸城が朝靄に浮かび上がる姿が幻想的だった。桝形虎口があるので戦国時代末期まで使用されたことを遺構が教えてくれる。先へ行くと巨大な堀切が待ち受けていた。その先にも堀切があるようだが、雨上がりで滑りやすいため行くのはやめた。
 早朝から尾根を走っている地元の人がいた。ずいぶん人懐っこいおじさんで話好きだった。歴史はあまり詳しそうじゃなかったから、早めに切り上げて下山しようと思っていたが、どこから見つけてきたのか山ほどのキノコをくれた。ナメコだというから「そうですか」と貰っておいたが、入れ物もなくて困った。それにしてもでかいナメコだ。本当にナメコだろうかと疑念が湧いたのでキノコに詳しい幼馴染に画像を送信して鑑定をお願いした。すぐに返信が来たので読んでみると「それ、ナメコじゃないよ。毒あるから食べちゃだめだよ」だって。こんなところにまで刺客がいるとは。本当に危ういところだった。
 話を戻そう。下山して大崎集落の城館跡を訪ねたあと、坂戸城へ歩き始めた。途中に由緒あり気な場所があったので立ち寄ってみると、六万騎城の麓で戦い討死した上杉顕定とその家臣を弔う管領塚があった。自分は埼玉県の城跡を中心に廻っているので、旅先で懐かしい名前に出会えたことに喜びを覚えた。顕定君はこんな場所で死んだのか。六万騎城はこの翌日に訪れた坂戸城よりも個人的には好き。実に素晴らしい山城でしたよ。
2016/12/01
 
公共交通機関 地図リンク
JR上越線「五日町」下車
登山道入口の地蔵尊までは徒歩20分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項