坊谷山城
 
 
主郭跡南西の堀切
所在地 新潟県南魚沼市大崎
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
南北朝時代 大崎氏が築く
 
参考 六日町史 資料編/六日町
 
 
県道28号線沿いに登山道入口と案内板がある
東側から登り塔之山から尾根を歩いたので遠回りをした
標高307mの坊谷山南西の尾根上に城はあるので注意
こんなものかと歩いていたら堀切がいくつもあり驚いた
砦程度の遺構だけどこれで十分満足
 
大崎城跡 連続堀切 堀切と主郭跡
主郭跡 南尾根先端の土橋 坊谷山からの眺望
 
 大崎城の南東にある竜谷寺は南北朝時代の大崎氏の居館跡とされている。上杉謙信の時代に大崎筑前守高清という武将がいたが、居城は柏崎市の大崎城なので直接的な関係はなさそうだが血の繋がりはあるかもしれない。
 一泊二日の行程で坂戸城を中心とした城館探訪をした。遠くの山々が雪化粧を始めた12月初旬、鉄道の駅から歩いて回れる範囲でいくつかの山城を選択したのだが、初日は六万騎城から歩き始めて、大崎城にも立ち寄ってみた。坊谷山はボウタニヤマじゃなくボタンヤマと読む。少し傾斜のきつい山道を登るが道ははっきりとしているので迷う心配はないし、ほぼ独立峰なので熊の心配もなさそうだ。
 石塔のある塔之山から坊谷山までは5分ぐらいだったと思う。特に堀切も土塁も見当たらないから「つまんねーな」と思いながら尾根を行く。眺望だけは過ぎたるほどの美しさで、米どころ新潟を実感できる風景だった。尾根を南西へずんずん進むとやっと二重の堀切が現れた。いよいよ城域に近づいてきたと感じていたところに切岸と明確な堀切が現れた。ドラクエでいうならスライムではなくドラキーが出現したような感じだ。
 坊谷山からここまでは10分足らずである。ここに至るまでどうやら自分は随分と遠回りをしてしまったらしい。また、見事な眺望を楽しむことができたのでこれはこれで正解だったと思う。主郭跡には樹木に手書きで山城と書かれた標識が掛けてあった。山道はここから下りとなり、尾根を歩き続けると堀切と土橋が残り二の郭へと至る。下りの傾斜はきつくなりS字の土橋が出現した。山中に石切場があるせいか、一部に石積みが残る。軽い気持ちで訪れた大崎城だったけど楽しかったな。
2016/12/01
 
公共交通機関 地図リンク
JR上越線「五日町」下車
登山道入口までは徒歩50分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項