川端康成 雪国の碑
所在地 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢
遺構 消滅
現状 主水公園
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 樋口主水助兼一が屋敷を構える
 
参考 Webサイト/湯沢町ホームページ
 
 泊りがけで六日町を旅行した帰途、越後湯沢駅で新幹線に乗るまで1時間ほど暇を持て余すことになった。駅構内の飲食店で新潟名物たれカツ丼を食べたのだが埼玉県の秩父や寄居あたりで食べるそれよりずっと美味しかった。米が旨いのだろうが、それ以上に豚肉が分厚い。
 さて、直江氏のルーツとなる樋口氏の屋敷を探そう。越後湯沢駅の東口から歩いて5分ぐらいの場所に主水公園がある。実にわかりやすくていいのだが、行ったら何もない。石碑は川端康成の雪国の書き出しの文章を刻んだものだった。
 樋口氏の出身で名高いのは上杉景勝の家宰直江兼続でしょう。樋口氏は木曽義仲四天王の一人に数えられる樋口兼光の末裔だそうだが、これについては否定も肯定もしない。そんな昔のことはわからないもの。上杉謙信が急逝すると甥っ子の景勝派と北条氏から養子に入った景虎派の間で跡目相続争いの御館の乱が起きたが、結果は景勝側が勝利した。このときに樋口与六兼続は名跡が絶えていた直江氏を継いだ。樋口氏は一族を挙げて景勝に味方していたが、兼続の叔父にあたる樋口主水助兼一もその一人だった。話が回りくどくなったけど主水助屋敷はこの兼一の屋敷跡というわけです。直江兼続は坂戸城下で生まれたと六日町では喧伝しているけど、樋口一族は湯沢を拠点としていたので、兼続も湯沢出身じゃないかと思いますね。
2016/12/02
 
公共交通機関 地図リンク
JR上越新幹線・上越線「越後湯沢」下車
主水公園までは徒歩5分程度