鉢ヶ峰城
 
 
本丸跡
所在地 新潟県上越市中屋敷
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・標柱・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
南北朝時代 上杉氏が築く
永正4年(1507) 守護代長尾為景が春日山城主となる
天文17年(1548) 長尾景虎(上杉謙信)が城主となる
天正7年(1579) 御館の乱で勝利した上杉景勝が入城する
慶長3年(1598) 上杉氏の会津移封により堀秀治が入城する
慶長12年(1607) 堀忠治が福島城を築城し春日山城は廃城となる
 
参考 中世城郭事典/新人物往来社・上杉謙信/新潟日報事業社
 
 
春日山神社まで車で登ることが可能
見学順路に沿って歩けば一通り見て歩ける
古式な山城なのでそれほど凝った感じはない
それでも土塁は立派だし切岸も見事だった
何よりもここは謙信が起居したという浪漫に浸る城
山を下ってからも監物堀や林泉寺など見どころはたくさん
 
春日山城跡 謙信像 千貫門跡
堀切 直江屋敷跡 春日山城中心部
本丸跡の切岸 天守台 大井戸
堀切 三の丸跡の土塁 三の丸跡の土塁
二の丸跡 柿崎和泉守屋敷跡 春日山城からの眺望
伝搦手門 林泉寺 上杉謙信墓所
 
 上杉謙信の居城として名高い春日山城。職場の元同僚の誘いのおかげで訪れることが叶った。日本海側はなかなか行けない。特に上越市は関東からだとかなり遠く感じる。それでも現地まで来てしまえば楽だった。信越本線の春日山駅から徒歩30分程度で着くし、車なら春日山神社の駐車場まで行くことができる。案内板やパンフレットも充実しており、さすがに上杉謙信の城だ。
 駐車場で車から下りると売店がある。コシヒカリアイスだったかな。とりあえず食べてみた。粒々しているのは当たり前だけど米だ。別になくてもいいなと思った。見上げると謙信像がアイスを欲しそうにこちらを見ている。アイスをあげますか? いいえ。さてとクエストを続けよう。
 石垣を使用しない土の城であり、訪問前は古式な山城というイメージしかなかった。実際に訪れてみてもまったくその通りだったけど、土で形成された遺構は十分に目を楽しませてくれた。この日は雨だったけど春日山城にいるときだけは傘がいらないぐらい小やみになった。これも毘沙門天のご加護を得られたからだろうか。
 千貫門跡から直江屋敷を経て春日山城の中心部へと至るわけだが、それぞれの郭の大きさは山城とは思えないほど広々としているのが印象的だ。謙信のあとも上杉景勝、堀秀治が居城としているので、戦国時代そのままというわけではなかろうが、雪深い越後の山城ということもあり、それほど大規模な改修はされずに謙信時代の縄張りを踏襲しているものと思う。
 近くには林泉寺があり、ここには春日山城の城門を移築したと伝わる山門がある。墓地には上杉謙信や守護代長尾氏、近世初頭までこの地を治めた堀氏代々の墓もある。念願だった訪問が叶い大満足で山を下りた。
2013/10/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR信越本線「春日山」下車
城跡までは徒歩30分程度
特記事項