土塁
所在地 新潟県上越市中屋敷
遺構 郭・土塁・堀切・水堀
現状 春日山城史跡広場
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 長尾氏が春日山城の砦を築く
慶長3年(1598) 上杉景勝の会津移封により堀秀治が入封。家老の堀直政が砦を修築し水堀を構築
 
参考 春日山城史跡広場案内板
 
 
土塁 虎口 監物堀
 
 春日山城の入口に春日山城史跡広場という広々とした芝生の広場がある。水堀と復元された土塁があるのですぐにわかる。資料館も併設されているのだが、訪問時は残念ながら休館だった。土塁に沿って丘へ登ると立派な土塁を備えた郭跡が残り、掘立小屋も復元されている。虎口を下りると池があり天然の堀を成している。この先に堀切があるのだが見逃してしまった。
2013/10/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR信越本線「春日山」下車
城跡までは徒歩30分程度