石碑
所在地 新潟県上越市港町
遺構 土塁・水堀
現状 古城小学校
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 
慶長12年(1607) 堀秀治が着工し堀忠治のときに完成
慶長15年(1610) 改易された堀氏に代わり松平忠輝が75万石で入封
慶長19年(1614) 松平忠輝が高田城を築城し福島城は廃城となる
 
参考 福島城跡案内板
 
 長野駅で友人と待ち合わせて車で春日山城を訪れた。朝から曇天模様で春日山城ではほとんど止んでいた雨は福島城へ着いた頃には雨脚を強くなっていた。直江津駅から関川を渡り黒井駅方面へ向かう途中にある古城小学校が福島城跡だ。小学校の周囲に堀跡が廻っているほか、ほんのわずかな土塁が残るぐらいで城はほとんど消滅している。古城小学校の敷地内に石垣を旧材を用いた土壇があり城址碑が建っていた。
 案内板に描かれた縄張図を見ると近世城郭らしく広大な城であったことがわかる。直江津の港に近い商業地を擁した場所で近世の大名の居城としては理想的だと思う。川の氾濫を危惧した松平忠輝が高田城を新たな居城として築いたため、福島城は7年しか使用されない短命な城となった。
2013/10/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR信越本線「黒井」下車
城跡までは徒歩15分程度