関城・螺城・高陽城・鮫ヶ城
 
 
復興三階櫓と水堀
所在地 新潟県上越市本城町
遺構 郭・土塁・水堀
現状 高田公園
目標物 案内板
史跡指定 新潟県指定史跡
 
慶長19年(1614) 松平忠輝が築く
元和2年(1616) 松平忠輝が改易となり酒井家次が10万石で入封
元和4年(1618) 松平忠昌が25万9千石で入封
貞享2年(1685) 越後騒動で改易となった松平光長に代わり稲葉正往が10万3千石で入封
以後、戸田氏、松平氏、榊原氏と続き廃藩置県を迎える
 
参考 城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館
 
 
西側の外堀 本丸跡の水堀 本丸跡の水堀
本丸跡の虎口 本丸跡の土塁 復興三階櫓
 
 友人と春日山城へ行こうという話になった。長野駅で待ち合わせをして一路上越市を目指す。それだけじゃつまらないから行きがけに高田城へと立ち寄ることとした。いかにも近世城郭らしいのっぺりとした造りで、湖のように大きな水堀が広がる。聞けば高田は東洋一の蓮の名所らしい。曇天模様の空の下でひんやりとした空気の中を歩いたけど、思ったよりも楽しかった。
 どちらかと言うと左遷的なイメージが強い高田藩だが、親藩と譜代大名で固められた藩だけあって土塁も巨大だった。復興三階櫓はよその城にあるような既製品みたいな感じじゃなく独特の装飾と意匠で良かったな。
2013/10/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR信越本線「高田」下車
城跡までは徒歩15分程度