福島城
 
別 名 阿津沢氏館
所在地 埼玉県さいたま市緑区中野田
築城者 阿津沢氏
築城年 江戸時代初期
廃城年
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 快晴とは言えないまでも青空が見えていたので出かけた。自宅を出たのが10時過ぎだったのであまり遠くへは行けない。気温も上がる予報だったこともあり、今まであまり手をつけないでいたさいたま市内の館跡を訪ねてみることにした。
 丈右衛門屋敷は埼玉スタジアムの南側とされているが、所在地は明確にされていないようだった。日本城郭大系の巻末一覧に収録されており、そこには土塁が残ると記されている。そうであれば場所の特定ははっきりして然るべきだと思うが、昭和の終わりから続くさいたま市の開発は地形すらも変えてしまうほどで、無名の城館跡は次々と消滅していったので、丈右衛門屋敷もいつの間にか正確な場所すらわからなくなってしまったらしい。
 戦国時代に北条氏の家臣だった阿津沢氏が江戸時代初期に構えた屋敷という。北条氏が滅んだあと、帰農した阿津沢氏がここに屋敷を構えたのか、戦国時代から屋敷があったのかはわからない。丈右衛門とは阿津沢氏の当主の名前なのだろうが、近くの寺院を訪ねてみても阿津沢氏に関わる手がかりは見つからなかった。
 
埼玉高速鉄道「浦和美園」下車 徒歩25分
 
2018/06/22 日本城郭大系/新人物往来社