福島城
 
別 名 宿宮前堀ノ内
所在地 埼玉県さいたま市桜区宿
築城者 安保泰親
築城年 室町時代
廃城年
現 状 観音寺・宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
観音寺
 
 大久保浄水場の東にある観音寺と大久保神社に挟まれた方形居館で、周囲に方形の堀が廻らされていたという。近年まで東側の堀跡が畑として残っていたが、今は消滅してしまった。鴨川に流れ込む小川が北側の堀として利用されており、流路は昔と比較してもそれほど変化がない。大久保神社は鬼門除けとして建てられたのだろう。
 境内にある案内板には宿ノ城のことは何も触れられていない。伝承では安保氏の所領だったという。足利尊氏と直義が兄弟で争ったときに安保泰親は尊氏方として駿河へ出陣し、恩賞として武蔵足立郡大窪郷を与えられているので伝承と符合する。
 
JR京浜東北線「北浦和」下車 西武バス「加茂川団地」行で「在家」下車 徒歩5分
 
2003/02/22 日本城郭大系/新人物往来社
武蔵武士/まつやま書房
中世の城館跡/埼玉県立歴史資料館