福島城
 
別 名
所在地 埼玉県さいたま市南区太田窪
築城者
築城年 平安時代末期
廃城年 戦国時代
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 藤右衛門川に面した丘上に築かれていた城で、源頼朝の挙兵に参加した佐々木守綱が領ヶ谷城で軍兵を募ったという伝承が残る。戦国時代には岩槻太田氏の砦が築かれていたらしい。
 昭和30年代までは土塁が良く残っていたらしいが、台地上は住宅ばかりで遺構は失われている。城跡には老舗の割烹屋があり、店の看板に領ヶ谷城址と記されている。いろいろな城跡を訪れたが、割烹屋の看板が案内板を兼ねているのは領ヶ谷城の他に知らない。
 
JR京浜東北線・武蔵野線「南浦和」下車 徒歩20分
 
2004/02/17・2011/11/25 日本城郭大系/新人物往来社
埼玉ふるさと散歩/さきたま出版会