福島城
 
別 名
所在地 埼玉県さいたま市大宮区北袋町
築城者 長尾景元
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 景元寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
景元寺 シイノキ
 
 埼玉ふるさと散歩を読んでいたときに景元寺に伝わる寺伝のことを知った。景元寺の案内板には関東へ出陣してきた上杉謙信が突然の雷雨に見舞われ、長尾景元の陣所に枝を伸ばしていたシイノキの下で雨宿りをしたと記されていた。資料を読み漁るも長尾景元という武将は見つからず、伝承が真実なのかわからないが、布陣した景元の名前がそのまま寺名となっている。
 巨木は今も健在で樹齢は推定450年という。謙信が雨宿りをしたのはいつのことだろうと考えると、永禄3年(1560)に謙信は河越城に攻めかかるべく桶川市の川田谷まで出陣してきている。おそらくその時にこの樹木で雨を凌いだのだろう。
 
JR高崎線・宇都宮線・京浜東北線「さいたま新都心」下車 徒歩15分
 
2005/05/15 埼玉ふるさと散歩/さきたま出版会
景元寺案内板