福島城
 
別 名
所在地 埼玉県さいたま市大宮区寿能町
築城者 潮田資忠
築城年 永禄3年(1560)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 寿能公園
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定旧跡
備 考
評 価
土塁と空堀
主郭 寿能公園 潮田資忠墓碑 土塁
 
 昭和37年に埼玉県指定旧跡となっている寿能城だが、見沼の沼沢地に守られていた要害ぶりはまったく感じられなかった。区画整理で地形もわからなくなっているが、住宅地の中にある小さな公園に石碑と城主潮田資忠の墓が残っている。明治時代の迅速測図から考察すると主郭は沼地に面していたと考えられるが、城跡の範囲ははっきりとわからないし、戦時中に高射砲陣地が置かれたために土塁は削り取られ、戦後の宅地開発で城跡としての痕跡はほとんどない。
 寿能公園が主郭だが潮田資忠の墓碑と案内板があるだけで遺構は残されていない。大和田公園と大宮第二公園に挟まれた畑に土塁と空堀が残るのが寿能城の唯一の遺構となっている。最初に訪れたのはまだ昭和の頃だったが、その頃と比べると大宮は大きく変貌した。郊外の土呂や東大宮は畑と田圃ばかりだったが、今は住宅ばかりが目立つようになった。
 
東武野田線「大宮公園」下車 徒歩10分
 
2008/10/30 日本城郭大系/新人物往来社
埼玉の古城址/有峰書店新社
寿能城跡案内板