福島城
 
別 名 初鹿野氏陣屋
所在地 埼玉県さいたま市北区土呂町
築城者 初鹿野信昌
築城年 天正18年(1590)
廃城年
現 状 宅地・大宮メディカルセンター
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
土塁 空堀 地蔵堂
 
 武田氏滅亡後、徳川家康は遺臣を多く召し抱えた。初鹿野伝右衛門信昌も家康に召し抱えられ、家康の関東入国時に武蔵土呂で7百石を与えられた。石高とは不釣り合いな面積を誇る陣屋は岩槻城の支城が築かれていた可能性が高いと思う。
 土呂陣屋にはじめて訪れたのは昭和60年代だった。まだ土塁や空堀がよく残っていたし、平成に時代が移っても大宮郊外の牧歌的な風景はそれほど変化していなかったが、さいたま新都心構想はあっという間にそれらの風景を呑み込んでしまった。平成の市町村合併もこれに追い討ちをかけ、市内の城館の多くが保存の手段を講じられることなく消滅している。
 再訪した土呂陣屋の変貌ぶりには驚いた。地形すら残さぬような開発が行なわれている真っ最中で、北郭のわずかな部分だけが往時の面影を留めているだけだった。保存樹林も切り倒され、土呂の地蔵堂すらも移転を余儀なくされている。変わり果てた光景に愕然としたし寂しさだけが残ったことを覚えている。
 
東武野田線「大宮公園」下車 徒歩15分
 
2008/10/30 埼玉の古城址/有峰書店新社