福島城
 
別 名 伊達房実館
所在地 埼玉県さいたま市見沼区大和田町
築城者 伊達房実
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
 
 ずいぶん前に訪れた大和田陣屋は民家の周りを囲む土塁がよく残っていた。案内板も設置されて大切にされていたことを思い出す。友人から大和田陣屋が破壊されているという話を聞いたときはとても悲しくなった。航空写真で陣屋跡に建ち並ぶ真新しい家を見て愕然としたものだった。さいたま新都心構想はさいたま市内に残る中世城館への魔女狩りだったと思う。
 大和田陣屋は岩槻太田氏の家老を務めた伊達与兵衛房実の居館跡である。北条氏が滅ぶと房実は徳川家康に召し抱えられた。岩槻城での防戦ぶりが見事であったという。
 破壊された大和田陣屋周辺はびっしりと建売住宅が建設されていた。5百年近くも残されてきた文化財の破壊を前にして保存の声は上がらなかったのだろうか。せめてその健在なりし頃の姿をここに残しておきたい。
 
東武野田線「大和田」下車 徒歩15分
 
2008/10/30 日本城郭大系/新人物往来社
埼玉の古城址/有峰書店新社