福島城
 
別 名
所在地 埼玉県さいたま市西区水判土
築城者 太田氏
築城年 戦国時代
廃城年 永禄5年(1562)
現 状 慈眼寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
慈眼寺
 
 荒川と鴨川に突き出した台地上にある慈眼寺は、戦国時代に岩槻太田氏に城砦として使用された。川と湿地に囲まれた舌状台地先端部と想像され、伽藍を兵舎として流用すれば簡素な城砦の出来上がりとなる。武装寺院は比叡山や興福寺に限ったことではなく、関東地方でも北条氏と敵対した慈光寺などがある。
 古くから堀ノ内と呼ばれていたことから、豪族の居館が構えられていたのかもしれない。慈眼寺は立派な山門と伽藍を有しているが、地形以外に往時を偲ぶものはなかった。
 
JR新幹線・埼京線・高崎線・宇都宮線・東武野田線・ニューシャトル「大宮」下車
西武バス「指扇」行で「水判土」下車 徒歩5分
 
2002/03/12 日本城郭大系/新人物往来社