福島城
 
別 名 福田氏陣屋
所在地 埼玉県さいたま市西区高木
築城者 福田惟康
築城年 江戸時代初期
廃城年
現 状 福田稲荷ふるさとの森
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
福田稲荷
 
 指扇駅から歩いて中釘陣屋などを訪ね歩いたときに立ち寄った。福田稲荷があり簡単な案内板が設置されている。周囲の畑よりも幾分高い程度の土地だが、明確な遺構はなかったと思う。
 この屋敷は豊臣家の家臣福田又左衛門惟康が武蔵国に土着したときに構えた屋敷という。惟康がなぜ武蔵へ移住したかはわからない。豊臣秀頼はまだ健在だったが、前途に見切りをつけたのか、家中で諍いでもあったのかは知らないが、武士を棄てて指扇付近の開拓に従事したという。
 
JR川越線「指扇」下車 東武バス「宮原駅」行で「指扇団地」下車 徒歩15分
 
2008/01/26 日本城郭大系/新人物往来社