福島城
 
別 名 高野隼人屋敷
所在地 埼玉県さいたま市西区高木
築城者 金子彦十郎
築城年 室町時代
廃城年
現 状 淡島神社
遺 構 空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
空堀
 
 僕が訪れた頃は指扇駅から少し歩けばのどかな風景が広がっていたが、周辺も新しい家が建ち並んできているらしい。西大宮バイパスを越えた淡島神社一帯が金子山城であり、村山党金子氏の末裔が住んだと思われ、江戸時代初期には豊臣家の旧臣高野隼人が金子山城に屋敷を構えたという。
 淡島神社のある台地は中央に宅地があり、真ん中で分断されたようなかたちになっていた。南側もかなり削られて土が剥き出しになっていたが、淡島神社の西側に空堀が残り金子山城唯一の遺構となっている。鎮守の森でもあり、これ以上の破壊は慎むべきだろう。
 
JR川越線「指扇」下車 東武バス「宮原駅西口」行で「高木団地」下車 徒歩10分
 
2008/01/26 日本城郭大系/新人物往来社