福島城
 
別 名 岩付城・白鶴城・竹束城・浮城
所在地 埼玉県さいたま市岩槻区太田
築城者 成田正等
築城年 文明10年(1478)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 岩槻城址公園
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定史跡
備 考
評 価
鍛冶曲輪 空堀
遠景 時の鐘 大手
黒門 裏門 馬出郭 空堀
鍛冶曲輪 土塁と空堀 新曲輪 水堀 総構 土塁
 
 岩槻城には何度か訪れているが、街並みが綺麗だ。ただ、綺麗すぎて城下町という雰囲気はあまり感じられない。岩槻城も沼沢地に構えられたことが災いして中心部はまったく痕跡を留めていない。最近まで残っていた遺構も狙われたように破壊されている。
 城址公園として保存されているのは新曲輪と鍛冶曲輪のみだが、堀底を歩くとその堅城ぶりが感じられる。中心部がもう少し保存されていればと悔やまれるが、失われたものは戻らないので現存する遺構を楽しむしかない。道から外れて雑木林の奥へ歩くと新曲輪の水堀がひっそりと残っている。沼地を利用した要害だったことが少しだけわかる場所だった。
 はじめて訪れたときは、まだ二の丸跡の堀跡が低地となって素人目にもわかるほどだったが、11年ぶりに訪れたときはびっしりと住宅が建ち並び、岩槻城の姿がまたひとつ消されていた。小さなガソリンスタンドの奥に本丸跡の石碑があるが、これも事前に知っていないと探せないような場所にある。岩槻駅の近くに愛宕神社が祀られているが、これが唯一残された総構の土塁である。古老たちは岩槻の金屏風と誇らしげに呼んだというが、踏切側から見ると確かに立派な土塁だった。
 太田道灌が築いたとされていた岩槻城だが、実際は成田氏によって築かれたというのが定説になりつつある。岩槻太田氏の居城となり多くの支城や砦を備えていた。岩槻の街並みはこれからも変わってゆくのだろうが、城下町の風情だけは大切にしてほしい。
 
東武野田線「岩槻」下車 徒歩20分
 
2007/04/27・2018/05/14 日本城郭大系/新人物往来社
埼玉の城址30選/埼玉新聞社