福島城
 
別 名 吉田城
所在地 埼玉県川越市吉田
築城者
築城年
廃城年
現 状 宅地・農地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 雲間から青空と強い日差しが差し込む日だった。西日本では広い範囲で考えられないような豪雨が続き、多大な被害が発生している。昭和の時代では起こり得なかった自然災害が頻発するのを見ると、平穏な日常がつくづくありがたいと思うようになった。
 気温は上がったが風があるので体感温度はそれほど高くない。そうは言っても出かけたのが午後2時ぐらいだったので、いちばん暑い時間帯である。霞ヶ関駅から20分ほどで吉田堀ノ内に着いたが、この時間帯が最も日差しが強かったと思う。歴史が不明な城館で遺構も残されていない。新しい家が建ち並ぶ中にやや古めかしい旧家がある。その家を中心とした一帯が吉田堀ノ内のようだった。数日前までの雨は夏の太陽を浴びて乾いている。そう言えば今年はじめてのセミの鳴き声を聞いた。それはニイニイゼミだった。
 
東武東上線「鶴ヶ島」下車 徒歩15分
 
2018/07/09 日本城郭大系/新人物往来社