福島城
 
別 名
所在地 埼玉県秩父郡小鹿野町三山
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭
遠景 堀切 二の郭
堀切 細尾根 眺望
 
 小鹿野に凄い山城があると聞かされた。遺構が凄いというのではなく城跡へ着くまでの道のりが恐怖に満ちているという意味だった。小鹿野町自体が遠いために訪問を避けていたが、バスを上手に乗り継げば小鹿野要害山城の麓までは行けるので訪れてみることにした。
 そうは言っても単独では怖くて訪れる気にはならず、友人からの誘いがあったので行く気になった。まず鷹谷砦で足慣らしをしてから小鹿野要害山城へと向かった。戸蓋峠を通る旧道はもう消失しているため東電開閉所の裏から鉄塔保守道をたどった。この道も登り始めてすぐに流失している箇所があり、何度か斜面を這い上がり薄く残る踏み跡を頼りに登っている。斜面の崩落が激しいため今は南に新しい保守道が設けられているので尾根へ出るにはその道を利用するほうが良いと思う。
 尾根へ出てしまえばあとは快適だった。鉄塔から以前に登った塩沢城が見下ろせる。悪戦苦闘をしながらも登山開始から30分ほどで小鹿野要害山城へ着いた。ほとんど埋もれかけた堀切と猫の額ぐらいの平場があるだけの簡素な城跡である。何もないよりはましだが苦労に対する見返りは本当に少なく山頂も木々に遮られて眺望は利かない。
 達成感だけはあり余るほどに感じられた。比高差にしておよそ270メートルあり崩落した斜面の連続である。もう一度登ろうと言われても迷わず断るだろうが、この日のことはずっと忘れないと思う。
 
西武鉄道「西武秩父」下車 西武バス「小鹿野車庫」行で「小鹿野町役場」下車
西武観光バス「坂本」行で「半平」下車 徒歩1時間
 
2017/02/22 Webサイト/北武蔵城郭フォーラム
秩父路の古城址/有峰書店新社
 
熊出没注意