福島城
 
別 名
所在地 埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄
築城者 逸見義綱
築城年 大永年間(1521〜28)
廃城年
現 状 逸見練武道場
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定史跡
備 考
評 価
現況
 
 中世武士の居館跡としてより江戸時代の甲源一刀流道場耀武館として知られている。甲斐統一を果たした同族の武田信虎に追われて秩父へ移住した逸見氏の居館跡で立派な戦国時代の館跡だが、案内板にはさらりとしか触れられていない。鉢形城の逸見郭に名を残すほど逸見氏は勇猛で名を馳せている。
 館の規模はそれほど大きくなく土塁や堀があるわけでもないので面白みには欠けるが、遠目に眺めると風格のある長屋門が武士の居館ということを思い起こさせてくれる。
 
西武秩父線「西武秩父」下車 小鹿野町営バス「薬師の湯」行で「小沢口」下車 徒歩3分
 
2015/12/16 逸見道場案内板