福島城
 
別 名 初雁城・霧隠城
所在地 埼玉県川越市郭町
築城者 太田道灌
築城年 長禄元年(1457)
廃城年 明治2年(1869)
現 状 初雁公園
遺 構 御殿・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 埼玉県指定史跡
備 考 日本100名城
評 価
本丸 富士見櫓
本丸 御殿 天神曲輪 土塁 中ノ門 空堀
三の丸 水堀跡 時の鐘 水堀
 
 築城の名手太田道灌が築いた川越城だが遺構はほとんどが失われ市街地に埋没している。そのために道灌がかりと呼ばれたその技法はもう目にすることができない。明治時代の迅速図を見るとまだ廃城時の姿をよく残しているが、戦後の都市化によって本丸跡周辺を除いてはほとんど原型を残していない。
 本丸には御殿が残り、南端に富士見櫓跡の巨大な土塁が横たわる。過去二富士見櫓の再建計画が持ち上がり、御嶽神社が撤去されて本格的な復元が始まるかと思ったが、いつの間にか立ち消えたらしい。最近になって本丸跡の初雁球場が老朽化したことに伴い、取り壊し後に本丸を本格的に復元する計画が立ち上げられた。
 大通りに出て市役所方面へ歩くと、途中に中ノ門の空堀が見られる。住宅地の中にあって奇跡的に残っていた遺構だが整備されて塀が復元されている。市立特別支援学校は三の丸の堀底に建てられており、今もその痕跡をよく残している。郭町浄水場の南側には水堀が湿地や水田として痕跡を留めている。
 
西武新宿線「本川越」下車 徒歩20分
 
2005/04/03・2007/11/18・2009/11/15 日本城郭大系/新人物往来社
城郭と城下町/小学館