福島城
 
別 名
所在地 埼玉県飯能市坂石町分
築城者 岡部氏
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
 
 猪俣党岡部氏の末裔は現在の飯能市を領有していた。市内には岡部氏の城館とされる場所がいくつかある。遅くとも南北朝時代に岡部氏は故郷の岡部郷を離れて飯能へと移住していたらしい。
 吾野駅からはそれほど遠くなかった。白髭神社への参道から坂道を登ると中腹に中屋敷があり、畑を横切って山道を登れば岡部氏屋敷へと着く。最初に来たときよりも道が荒れてわかりづらくなっていたが、どこから直登しても問題はない。土塁や堀は見られないが広大で綺麗に削平された平場が残り、真ん中に巨岩と小さな祠が祀られている。
西武秩父線「吾野」下車 徒歩25分
2011/01/24・2014/05/20・2017/03/22 武蔵武士/まつやま書房
熊出没注意